プレゼンテーション動画

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

プレゼンテーション動画には2つのタイプがある。

①プレゼンテーションの一部を動画にすることで、視聴者に短時間で訴求するタイプ
2分以内であればデジタルマーケティングや、商談ツールとしても、広く活用できる表現方法については、SVP(Super Visual Presentation)や、ピクトグラム、インフォグラフィックなどがある企画や構成、編集などクリエーティブ要素が含まれる。

②プレゼンテーションそのものを動画にするタイプ
セミナーや説明会の内容をそのまま録画し、Webなどで配信する。セミナーや説明会に参加できなかった人に対して、視聴してもらうことで、プロモーションや教育に役立てる。撮影よりも、音声や、そこで活用しているパワーポイントの鮮明さが重要になる。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)