PAL

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

phase alternating line、位相反転線)とはカラーコンポジット映像信号の規格である。開発した西ドイツ(当時)を中心にヨーロッパ、ASEAN諸国の大部分、中東の大部分、アフリカの一部、ブラジル、オーストラリアなどで採用されている。この規格を満たしているTV放送、DVDvideo、DVDソフト等の組み合わせでないと再生したり正しい映像を見ることは出来ない。日本ではNTSCを採用している。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)