メガピクセルカメラ

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

ピクセルとは画素、つまり画像の最小単位のことで、メガピクセルカメラは画素数が100万画素を超えるデジタルカメラのこと。2000年代以降、100万を超えて200万画素、400万画素などの画素数を持つデジタルカメラが登場。現在、例えばデジタル一眼レフカメラでは50MPix、約5060万画素。こうしたデジタルカメラの進化により、現在は映画やCMなどでもフィルムカメラに変わりデジタルカメラが使用されていることが多い。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)