素材上げ

 2019.11.04  株式会社ヒューマンセントリックス

映像編集において、撮影された映像データを編集ができるようにするための作業のことをさす。かつてアナログテープでの編集が主流だった頃は、2台のビデオデッキを使い、テープを再生して、必要な部分だけを別のテープに記録していくというリニア編集が主流で、その複製のことを素材上げと言っていた。

現在ではデジタル編集が主流になり、パソコンを使用したノンリニア編集が一般的で、ハードディスクにデータを作成する(デジタイズ=デジタル化をする)ことを意味することが多くなった。アナログ、デジタルいずれの場合も、編集のための複製といった意味合いを持つ作業であり、映像編集をする際に必ずおこなう作業の一つであると言うことができる。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)