HDV

 2019.10.30  株式会社ヒューマンセントリックス

HDVとは、HDTV映像を記録する機器の規格のことをいいます。HDV規格の種類は、HDV 1080i、HDV 720pがあります。

HDV規格は、4社(日本ビクター、ソニー、キヤノン、シャープ)により策定され、2003年9月30日に発表されました。日本ビクターは720p方式を採用、ソニーとキヤノンは1080i方式を採用しました(シャープは結局発売せずに終わった)。

現在、ハードディスクやフラッシュメモリへ記録するタイプ(AVCHDなど)に移行していったため、民生用分野では、ソニー・日本ビクター・キヤノンいずれも既に機器の生産を終了している状態です。

業務用分野においても、光ディスクやフラッシュメモリへの記録する方式(XDCAM・P2等)への移行が進んだため、ソニーによって生産されていた最後の2機種も2015年12月までに生産が終了することが発表されました。録画用テープについては引き続き供給されます。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)