ゲリラ撮影

 株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

映像制作においては、本来撮影許可のいる場所において、無許可で撮影を行なうことです。基本的に法に触れる可能性がありますので、行ってはいけません。撮影許可が下りていないや出ていないところで許可なしに強行突破する撮影なので肖像権や通行人などとのトラブルもあり、制作会社としてのコンプライアンスもありますが、スポンサー企業へも迷惑がかかります。通常は、道路許可証や、施設使用許可を警察署や当該施設に取得してから撮影を行うようにしましょう。

RELATED ARTICLE関連記事


お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)