エンコード

 2019.10.29  株式会社ヒューマンセントリックス

「エンコード(encode)」とは、元の動画データを10分の1から100分の1以下に圧縮をして、Web上で視聴しやすい動画データに変換するこという。動画をWebで配信する場合、元の動画データをそのままWeb上で配信しようとするとデータ量が多すぎて、動画を視聴することができない。
そこで、「エンコード(encode)」という動画データの圧縮作業が必要になる。エンコードを行う際は、どの「コーデック(CODEC:映像圧縮技術)」を使用するかが問題となる。 コーデックは、動画を使用する環境と画質、ファイル形式によって選択肢が違ってくる。

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)