オフィス紹介動画とは?成功するポイントや実例を紹介

 2022.06.21  株式会社ヒューマンセントリックス

お問い合わせ - ウェビナー運用代行サービス

スマートフォンや動画プラットフォームの普及に伴い、動画コンテンツはあらゆる人にとって身近なものとなりました。近年では、求職者からは見えにくい「会社のリアルな雰囲気」を伝える有効な手段として、動画の重要性が高まっています。本記事では、オフィス紹介動画の配信によって期待できるメリットと成功のポイント、具体的な制作事例を紹介します。訴求効果の高い動画を作成して、「エントリー数増加」や「将来有望な新入社員の獲得」を実現させましょう。

オフィス紹介動画とは?成功するポイントや実例を紹介

オフィス紹介動画を作るメリット

動きによって視聴者の目を引く効果を持つ動画は、「伝えたい情報を短時間で正確に伝える」ために非常に有力な手段です。テキストや画像だけでは伝えきれない情報も、動画を通せばスムーズに視聴者に伝えられます。

ビジュアルコンテンツを用いた情報発信は、ブランディングの確立にも有用です。同時に、企業イメージの均一化が図れるようになれば、自社にマッチした求職者を集めやすくなります。

SNSや動画プラットフォームを積極的に活用すれば、幅広い層に自社を知ってもらえる機会が増え、新たなターゲット層が発見できるかもしれません。「動画ならではの特性」をよく理解して制作に取り組めば、認知度の向上をはじめ、さまざまなメリットを享受できるでしょう。

リアルな会社の雰囲気を伝えられる

テキストや画像では伝わりにくい情報の1つに、“雰囲気”が挙げられます。多くの求職者は「オフィスがどのような環境なのか」を重視して職場選びを行います。そのため、職場環境をリアルに映し出した動画は採用活動の強化に効果的です。

従来の採用活動では、紙媒体やテキスト中心のWebサイトを活用する手法が主流でした。しかしこの手法では、自社の採用情報が多くの求人情報に埋もれやすくなり、求職者の目にとまる確率は低くなります。

また、求職者はいくつもの企業を比較しながら、エントリーする企業を選んでいます。自社へのエントリーを促すには、短時間で深い印象を残さなければなりません。

視覚と聴覚に訴える動画は、テキストがメインの情報と比較して「視聴者の記憶に残りやすい」という特性も持っています。短時間でも印象に残りやすい動画を公開し、より多くのエントリーを獲得しましょう。

採用活動などさまざまな場面で活用できる

自社の事業内容や企業理念を組み込んだオフィス紹介動画は、さまざまな目的で活用できます。

特に、企業が配信する動画は、求職者にとって就職活動を進めていくための重要な情報源です。採用サイトや求職者向けの会社説明会で活用すれば、自社の魅力を短時間でスムーズに伝達できます。会議室や休憩スペースなど、自社の施設を紹介する動画を組み込めば、「働きやすさ」もアピールできるでしょう。

「自身の働く姿」を求職者にイメージしてもらいやすい動画は、エントリーの促進に有効です。また、オフィス紹介動画をサイトに掲載すれば、クライアントやパートナー企業との信頼度アップも期待できます。

加えて、「編集により微調整を行えば、何度でも再利用できる」という点も、動画のメリットです。時期にあわせて「内容の差し替え」や「新情報の追加」を行えば、軽微な修正だけで1つの動画を長く使用していけます。

こうしたメリットを活かせば、採用コストの低減につながります。「制作費用がかかる」という一時的なデメリットだけではなく、長期的な視野からメリットを見定め、自社の動画制作を検討してみてください。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
リモートワーク時代の動画配信まるわかりガイド

オフィス紹介動画成功のポイントは興味を引くこと

ただ単にオフィスの様子を映し出すだけでは、視聴者の興味は引けません。動画制作に取り掛かる際に、もっとも重要なのは「目的の明確化」です。

「自社が採用したいターゲット層」を絞り込み、「その求職者ならどのような情報を求めているか」を考えます。これにより、訴求効果の高い動画を作成する前提が整います。

ターゲットや伝えたい内容が明確でも、「動画コンテンツとして」それらが表現されていなければ、視聴者の心をうまくつかめません。下記のようなポイントをしっかりと押さえて、求職者の心を動かす訴求力の高い動画を完成させましょう。

自然体のままを見せる

採用活動の場面で公開するオフィス紹介動画では、求職者が「その場で働いている自分」をイメージできるかどうかが非常に重要です。

例えば、「ありのままのオフィス」を紹介した動画などは、「そこで働く自分」のイメージにつながりやすく、求職者に安心感を与えるのに効果的です。入社後のギャップを抑えれば、早期離職率の改善が見込めるようになります。

「求職者の抱くイメージ」と「オフィスの実態」とのギャップを埋めるには、「従業員のインタビュー」や「部門ごとに業務を紹介してもらうシーン」を取り入れると効果的です。

先輩従業員が話す姿を映せばオフィスの空気感も伝わるため、親近感を与えられます。なお、ありのままのオフィスに好感を抱いてもらえなければ、ミスマッチは減らせません。撮影のためだけにセットを組んだり、過剰に演出を加えたりすることは避けましょう。

テンポと光量を意識して飽きさせない動画にする

動画を最後まで見てもらうには、見る人を飽きさせない工夫が必要です。単調なシーンばかりが続くと、視聴者は飽きて集中力を失い、最後まで動画を見てもらえない可能性が高くなります。アングルの切り替えやBGM、効果音をうまく使って変化を持たせるなど、メリハリやテンポを意識しましょう。

また、再生時間が長くなり過ぎないように、コンパクトにまとめることも大切です。「インターネット上で公開されている動画は、2分を過ぎた時点からエンゲージメントが急降下する」といったデータも存在します。確かに同データからは、「6分以上見てくれた視聴者の多くは、その後も離脱せずに視聴してくれる」ということも読み取れます。しかし当然、長さに見合った有用な情報が得られない動画を公開しては、企業イメージは低下してしまうでしょう。

つまり、伝えたい情報をすべて詰め込むのではなく、「目的にあわせてポイントを絞り、必要最低限の長さにまとめた動画」を作ることが大切です。動画の長さに必然性を感じるようなコンテンツなら、最後まで見てもらえる可能性が高くなります。

好印象な動画に仕上げるためには、光量も重要な要素です。特に室内での撮影では、暗くなりがちです。自然光の入る場所を選んで撮影したり、必要に応じて照明を用意したりするほか、編集時の色調補正にも十分注意して明るい印象の動画に仕上げましょう。

オフィス紹介動画の事例

さまざまな企業の制作事例から、多くの気づきを得ることも大切です。近年では、コロナ禍が後押しとなり、採用活動にYouTubeを利用する企業が増えています。多くの採用動画では、求職者に「自社の仕事内容や社風」を知ってもらうことを主軸としています。

オフィス紹介動画は、「自社の掲げるビジョンや取り組み」について深く理解してもらうためのものです。これはブランディングのほか、求職者の応募意欲を育むことにも効果を発揮します。

求職者の大半がデジタルネイティブ世代となった昨今、必要な人材を獲得するには、時代の流れにあわせた柔軟な対応が企業側にも求められています。例えば最近では、内定者フォローに動画を活用する企業も増えています。

ここで紹介した活用例のほかにも、さまざまな用途で動画媒体を活用する企業は、今後ますます増加するでしょう。その分、他社との差別化を図り、ポイントを押さえた高品質な動画を制作・配信する方法を理解しておくことは、喫緊の課題となり得ます。「マッチング率向上」などの採用活動の効率化にも期待できるため、ぜひ下記の事例も参考にして、制作体制を整えてください。

トヨタ大手町

社会との関係性を重視し、「ステークスホルダーとの水平な関係性」を構築することを目指す、「トヨタ大手町」のオフィス紹介動画です。

「新たな働き方」と「意識改革への挑戦」をテーマとして打ち出した動画では、BGMをバックにシンプルで洗練されたオフィス空間で働く従業員の様子を映し出しています。次々とシーンが切り替わるリズムのよい編集で視聴者の心をつかみ、従業員一人ひとりの表情にフォーカスすることで、各員が業務に対して前向きに取り組む姿勢を強く印象づけています。

トヨタ大手町 オフィス紹介

プラス株式会社 東京オフィス

オフィス環境のデザインなどを手掛けている「プラス株式会社」では、リニューアルの認知を目的とした「東京オフィス」の紹介動画を配信しています。

オフィス空間や働く従業員を撮影した写真素材に加えて、アニメーションやテロップを効果的に組み合わせて、見る人の関心を引いているのが特徴です。

「現代の企業が抱える課題」と「その答えとなるアイデア」を、動画コンテンツとして具体的に提示しています。これにより、Webサイトに訪問した視聴者の理解促進につなげています。また、オフィスを紹介する動画でありながら、「問い合わせの誘導」や「オンライン見学のアタック動画」としても活用されています。

ヒューマンセントリックス制作事例 | オフィス紹介動画「プラスファニチャーカンパニー 東京オフィス」

まとめ

オフィス紹介動画の効果を最大化するためには、目的ごとの戦略に基づいてより高い効果が見込める動画を作成しなければなりません。求職者の関心を引く動画が完成すれば、企業と求職者の双方に大きなメリットをもたらすでしょう。品質の高い動画を作成するには、動画に関する知識や編集の技術も欠かせません。

ヒューマンセントリックスでは、採用活動の促進やBtoBにおけるクライアントとの関係性構築に貢献する動画制作をサポートしています。動画の有用性が高まる昨今、より品質の高い動画を作成して成果につなげていくために、ヒューマンセントリックスの無料相談を活用してみてはいかがでしょうか。

動画制作に関するお問い合わせ

RECENT POST「会社案内・施設案内動画制作」の最新記事


オフィス紹介動画とは?成功するポイントや実例を紹介
動画制作に関するお問い合わせ
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み