企業活動で動画を使うときの注意点

〜 動画制作・動画活用に役に立つ知的財産権について優しく解説 〜

企業活動の中で、動画を使うときに留意するポイントを教えてください。

interview04

動画を納品されたとしても、先ほどお話しした著作権フリーといいますか、自由に使ってくださいということがあるかどうかというのをまず確認する必要があると思います。

ちょっと考えにくいんですけれども、もしそれが何の許諾もないとすると、それをそのまま、例えば動画ですと目的、こういうセミナーのためにこの動画を作りますといった時には当然そこでそのセミナーを上映することを想定していますから、そのレベルでは許されるかもしれませんけれども、それをインターネットにアップしたりとか、その一部の映像を切り取って印刷して配布したりということは禁止されてできないという可能性は出てきます。

ですので、どこまで使っていいのかというところを明確にしていただきたいと思います。その映像をセミナーで上映するところまでなのか、その一部をプリントアウトして配ることが許されるのか、ネットにアップして使えるのか。その一つ一つについてどこまでできるのかというのを確認すべきかと思います。

それともう1点ですけれども、それを改編する、画像をいじるということは基本的にできないと思ってください。それは明確な許諾がないと認められません。それは翻案権侵害ということになりますし、あとは著作者人格権という人格的な権利を侵害するということにもなりかねませんので、注意が必要です。

知的財産権のエキスパート、渡辺光弁護士(中村合同特許法律事務所パートナー、ニューヨーク州弁護士)に、一問一答形式のインタビューで、動画を制作、または活用するときに、企業として留意すべきポイントなどを解説いただきました。財産権としての著作権、著作者人格権、著作隣接権とは?二次利用する場合、何に注意すれば良いか?など、分かっているようで、よく理解されてないことの多い知的財産権の実際について、ポイントを押さえ、優しく解説いただいてます。

渡辺 光
中村合同特許法律事務所パートナー
弁護士・弁理士

【主な取扱業務】知的財産権・不正競争防止法・独占禁止法;国際取引法;一般企業法務・商事取引・契約

【経歴】東京大学法学部卒業

【主な著書】

(英文)

  • "Liability of an Operator of Internet Shopping Mall for Distribution of Counterfeit Goods by Shops in the Mall"
    AIPPI Journal Vol. 38 No.1 by AIPPI (2013)

(日本文)

  • 「知的財産権辞典」(共著)(三省堂、2001年)
  • 「財産権判例要旨集」(共著)(新日本法規、 2003年)
  • 「特許・意匠・商標の法律相談」(共著)(学陽書房、 2003年)
  • 「最新事例に見るコンプライアンス違反の相場観知的財産権侵害」
  • BUSINESS LAW JOURNAL 2015年10月号 通巻91号(レクシスネクシス・ジャパン、2015年)

など、多数。

動画制作・動画活用に役立つ
知的財産権14のポイント

知的財産権のエキスパート、渡辺光弁護士(中村合同特許法律事務所パートナー、ニューヨーク州弁護士)に、一問一答形式のインタビューで、動画を制作、または活用するときに、企業として留意すべきポイントなどを解説いただきました。著作権とは?財産権としての著作権、著作者人格権、著作隣接権、二次利用の注意点など、分かっているようで、よく理解されてないことの多い知的財産権の実際について、ポイントを押さえ、優しく回答いただいてます。

動画制作・動画活用に役立つ知的財産権14のポイント

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)