SPO (Studio Process Outsourcing)

適度にサボる

Rui K.エンジニア

大学卒業後、地元で就職したがIT業界に興味があったので2年後、転職を機に上京。webデザイナーとして働いていたところ、研修で映像制作を学び興味が出たのでエディターとして部署を異動し、その後フリーランスのエディターとして活動。編集よりも前の段階、企画・撮影の工程もやってみたいという思いからヒューマンセントリックスに入社。SPO部で専属のお客様に寄り添い、より良い映像の活用方法を模索しながら制作に取り組んでいます。

なぜ今の仕事を選んだか

お客様の顔が見える位置で仕事がしたかったから。ほかにもいろいろな要素がありますが、これが一番大きいと思います。
自分が携わった仕事の結果、上手くいったのかいかなかったのか、喜んでもらえたのかどうかがよりはっきり感じられる位置で仕事をしたいと思いました。

過去

仕事で気を付けていることは

コミュニケーションをしっかりとること。
お客様や仕事仲間との信頼関係が一番大切だと思うので、普段からしっかりと意思疎通を図るように心掛けています。

現在
Rui K.

嬉しかったエピソード

「ヒューマンさん」ではなく「神田さん、ありがとう」と言われること。
今の仕事に限った話じゃないですが、会社やチームで動いているなかで名前を覚えてもらえているのは、いつになっても嬉しく思いますし、それが自分のモチベーションに繋がっていると感じています。

未来

ふざけたキャッチコピーですね?

大事なことだと思っております。
個人の能力には限界がありますし、勤務中常に集中し続けられる人はいないです。
根を詰めすぎないように力を抜けるところは抜くのが、いい仕事をするためのコツだと思ってます。

Rui K.

お客様へのメッセージ

ただ映像を撮る・流すだけではなく、お客様一人一人に合った映像の使い方を模索・提案できるよう努めておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Rui K.

お問い合わせはこちら
動画制作・配信に関する(無料ご相談)