映像部

お客様の課題解決に貢献します

Hiroyuki M.撮影

大学卒業後、語学教室での映像コンテンツ制作をきっかけに、本格的に映像制作の道へ進む。TV、CM、イベントでの映像演出などでモーショングラファーとして映像制作に携わり、2018年にヒューマンセントリックスに入社。

業界の急激な変化

私が映像業界で働きはじめたのは、テレビがアナログから地デジに切り替わって少したった頃でした。
当時は映像コンテンツの制作は今よりもハードルが高く、気軽に手が出せないイメージがあったように思います。
しかし、スマートフォンの普及に伴い、プロモーションに映像コンテンツ活用する企業が爆発的に増え、映像業界は急激に成長しました。
数年たらずでの大きな変化に戸惑いながらも、先の予測できない面白さと日々進化する技術に魅力を感じ、今に至ります。

過去

本当に必要とされる映像

これまでは視覚効果が重要な映像制作に携わってきたため、はじめはヒューマンセントリックスのコンテンツはとてもシンプルに感じましたが内容を重視し、無駄をそぎ落としたコンテンツに過剰な飾りつけは不要という当たり前の事に気がつく事ができました。
お客様とのイメージ共有を大切に、しっかりニーズを満たせる映像制作に貢献できればと思います。

現在
Hiroyuki M.

映像のジェネラリストとして

ヒューマンセントリックスの映像部は撮影・照明・音声・配信など幅広い技術と知識を求められます。
日々進化する技術や情報を常に取り入れる姿勢で勉強を欠かさず、市場価値の高い映像制作のオールラウンダーとしてスキルを磨いていきます。

未来

一体感

とくに大規模の案件が成功に終わった後、お客様と喜びを共有できるというのは本当に素晴らしく、お客様との一体感を感じられるような経験が自分のモチベーションになります。

Hiroyuki M.

お客様へのメッセージ

これまで培ってきたスキルと知識で、お客様の課題解決のお手伝いをさせて頂きます。

Hiroyuki M.

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)