映像部

地球を庭に

講殿 安史撮影

新卒の就職活動中たまたま映像関連の会社に応募し採用されたことがきっかけで撮影の世界へ。以後、撮影助手の下積みを経て、カメラマン、そして
フリーランスのカメラマンへと道を歩む。現在ヒューマンセントリックスに在籍。

今までの経験が活きた

撮影の世界に入り、今まで撮影はB to CがほとんどでB to Bの世界は未経験に近い状態でしたが、いざ撮影となるとやはり今まで培ってきた知識、技術、経験が活き、以外とスムーズに入ることができました。

過去

世界を庭に

現在は国内でパッケージやセミナーの仕事をメインにしています。海外撮影は年に一度あるかないかですが、いつ来てもいいように常にスキルを磨いて海外での様々な土地での世界を自分の庭のように撮影対応できるよう準備していきたいです。

現在
講殿 安史

チャンスがあれば、戦場、紛争地、難民キャンプ、海上石油プラントの建設、海運、宇宙、世界遺産、シベリア鉄道横断、などの撮影もしたい。

今までは、国内での撮影がほとんどなので、将来は世界中を常に移動しながら今まで、経験したことの無い世界に目を向け戦場やネイチャー系もいいかもしれません。
地球を自分の庭のようにもっと広い世界を撮影していきたい。

未来

最初から希望を伝えておいてよかった。

入社前の面接の時から仕事で海外での撮影があればやってみたいですと言っており、それが入社1年目の年から実現し、数ヶ国で合わせて連続1ヶ月ほど撮影の為の滞在が出来たときは自分のやりたい事が出来ていると感じました。
そしてこの海外での経験が自分をさらに成長させてくれました。

最初から希望を伝えておいてよかった。

お客様へのメッセージ

映像制作はオーダーメイドの物創りに近いです。特に撮影現場ではお客様の協力しだいで映像の良し悪しが変わってくることもあります。そんな現場ではお客様と一緒に物創り出来れば素晴らしい結果になると思います。共に歩んで行きましょう。

お客様へのメッセージ

お問い合わせはこちら
動画制作に関する(無料ご相談)