DESIGNROOM

常に進み続ける

板垣 郁美Chief Director / Creator

大学卒業後、夜間学校で映像を学ぶ。アルバイトとしてヒューマンセントリックスで働き、2013年、撮影部として入社。その後、かねてより興味のあった制作部へと異動。映像編集とCG制作を軸にシナリオ、企画構成とできる範囲を徐々に増やし、マルチに活動している。

撮影から制作へ

入社当時は撮影部として、撮影・収録と、実写ベースでの編集作業をメインに働いていました。映像上でのCG、という分野には今までかかわりがなかったのですが大学でCGデザインを学んでいたこともあって「もっと作りたい」という気持ちが強くなり、制作部へ異動させていただきました。当時、制作部はまだ福岡にしかなく、学ぶこともなかなか大変でした。周りの助けもありつつ、技術を生かしていく中で東京での制作部の立ち上げ、その基盤作りに携われたことは今もうれしく思っています。

過去

できる範囲を広げる

編集やCG制作といったオフィス業務だけではなく、お客様と顔を合わせての打ち合わせの現場にも参加し、企画構成、シナリオも作成しています。直接お話を聞かせていただくことでわかることもありますし、コンテンツのデザインと企画をより密接に紐づけられるのでおもしろさを感じています。そうして作ったものが使われているところを見るとやりがいを感じます。

現在
板垣 郁美

実写とCGをうまく組み合わせていきたい

編集とCG制作を主軸にしている分、実写に対してCGでどのようなことができるのか、現場で判断できるのが自分の強みだと思っています。お客さまに合わせて提案する企画構成の精度を上げ、実写とそれにうまくはまったCG、ふたつの合わさったコンテンツを作っていきたいです。また、編集、CG制作についても新しい表現を積極的に取り入れ、挑戦していきたいです。負けず嫌いで社内外問わず素敵なコンテンツをみると悔しい、と思ってしまうところがあるのですが、その面を生かして常に成長していきたいと思います。

未来

初めて取り組んだ大きな案件

制作部へ移ってから少しして、中村さんから直接、やってみるか、と言われた大きな案件があります。もちろん、やります!と手を挙げたんですが、当時、なかなかやりたいことができずにいた私にとって本当にいいきっかけになりました。部外の方々とも関わりつつ進めた制作は苦労もありましたがとても楽しく、あの案件があったから今の自分があるといっても過言ではありません。今でも様々なところで使われているそのコンテンツを見ると感慨深いです。

初めて取り組んだ大きな案件

お客様へのメッセージ

どんなに格好良くて作りこまれたコンテンツでも、それがお客さまの求めるものでなければ、いいコンテンツにはならないと思っています。より良い提案をしつつ単なる自己満足で終わらない、お客さまに合わせたオーダーメイドのコンテンツを作っていきたいです。

お客様へのメッセージ

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

動画制作に関することなら何でもお気軽にご相談ください。