想いを伝える最適な方法とは?

なぜ伝えたい情報が伝わらないのか? 考えてみたいと思います。

これまで大半の情報発信の仕方はこのようなタイプではなかったでしょうか?

「こんな商品が発売されました!」「このような新しい機能が加えられました!」「他社に比べてこの点が優れています!」

しかし、これでは、お客様の心に届くはずがありません。これはお客様の立場からすれば、「他人ごと」にしか過ぎません。

なぜなら、それはこちら側から一方的に伝えたい情報であり、お客様が求めているかどうかは分かりません。

お客様が切に待っている情報以外、こちらから伝えたい情報のほとんどは、世の中の膨大な情報の海の中に埋もれてしまいます。

人は誰でも、自分に関係する事柄でないと判断した途端、それに興味を持つことはなく、すぐに情報をスルーしてしまうのです。

スキップしてしまうTVCMやウェブ動画、ポストからすぐにゴミ箱行きのチラシやDMなど、あなたもそれに興味を持つことなくスルーした経験があると思います。

そこで、情報発信の仕方を少しだけ変えてみましょう!

お客様の心に響くような逸話や体験談、例え話にして語れば、難しいことをやさしく理解できるように伝えられます。そんな“ストーリーテリングで語る大切さ”を提唱したいと思います。

誰もが自分のことで精一杯で、目まぐるしいほどの多忙な日々を過ごしています。

そんな中で、発信側からの一方的な情報は、最初から優先順位が低いのです。しかし、その商品でどう生活が変わるかということには興味が湧くもの。途端にその事柄は、お客様の人生の中で優先順位が上がります。

このように、人は自分に関わることにしか興味はなく、「自分ごと」として投影できなければ、決して話を聞くことはありません。

では、どうやったら“自分ごと”として投影できるのでしょうか?

人の心に届けるために、最適な方法はストーリー(物語)として語ることです。これをストーリーテリングといいます。伝えたい内容を、独自の体験談、逸話、例え話にして心に届ける手法です。

その商品・サービスを購入することによって、お客様の生活がどう変化するか?どんな問題が解決し、どんなメリットが得られるのか?

企業がなぜその商品・サービスを事業としているのかという理由や社会に提供している価値は何か?これらをお客様が感情移入をし、自己投影できるようにリアリティを持ったストーリーとして描きましょう。

ストーリーテリングによって、企業が持つ独自の“強み”をお客様にも“自分ごと”として実感してもらえるようになります。感情移入することによって共感が生まれるのです。

ストーリーは、想いやコンセプトをお客様に強く印象付けます。自己投影することで、自分で考え、自分で感じるように促してくれます。

ロジックやデータだけでは、人の心はなかなか動かないものです。それは論理的に他と比較することでしか判断できないからです。しかし、独自の理念・エピソードから来る優位性は他と比較しようがない唯一無二の価値として捉えられ、心を動かします。

例えば、東京オリンピック招致を決めたパラリンピック選手の佐藤真海さんのスピーチがIOC委員の心を掴んだ良い例となるでしょう。

—————————————————————-

「私が今ここにいるのは、スポーツによって救われたからです。スポーツは私に人生における大切な価値を教えてくれました。それは、2020年東京大会が世界に広めようと決意しているのと同じ価値です。

陸上のランナーでチアリーダーでもあった私は、19歳の時いきなり骨肉腫を宣告され、自分の足を失いました。絶望の淵から救ってくれたのは、大学で始めた陸上競技。目標を決めてそれを乗り越えることに喜びを感じ、アテネ、北京の両パラリンピックに出場しました。しかし、ロンドンをめざしていた私に再びショックな出来事が襲います。2011年3月11日の東日本大震災。故郷の町が津波に飲み込まれてしまいました。家族の無事が確認できたのは6日後のことでした。私はいろいろな学校からのメッセージを集め、食料とともに故郷に帰りました。そこで目の当たりにしたのは私と同じように、被災地で支援活動を続けるアスリートたちの姿でした。200人を超えるアスリートたちが、日本や世界から、被災地に約1000回も足を運びました。私は「スポーツの力」を再発見しました。それは、新たな夢と笑顔を育む力であり、希望をもたらす力であり、人々を結びつける力だったのです」

—————————————————————-

いかがでしょうか?ストーリーによって「東京でオリンピックを開催する意義」をIOC委員の心の中に構築した事例です。

このように独自のストーリーは他と決して比較できない差別化と圧倒的な強みを作ることができます。

ストーリーテリングによって“強み”を顧客、社員、取引先などのステークホルダーに強く印象付けて、心の中に構築された“価値”は、その企業ごとにたった一つしかない大切な永久資産となるのです。

ストーリーとして語ることで、見る人はそのストーリーの主人公に身を置きます。客観的に眺めるのではなく、主観としてストーリーの世界に入ることで、“他人ごと”だった事柄が“自分ごと”に変わります。

見る人はストーリーに描かれたドラマを一緒に追体験し、感情を共有し、こうして“共感”が生まれるのです。

ストーリーによって共感や信頼が生まれることで、ブランドが特別な好感や愛着を持って選ばれるようになります。やがて信奉者へと成長していきます。

何よりストーリーが成し得る重要な役割は「なぜその企業が存在するのか?」について一方的な押し付けではなく、見る人がその存在意義を自主的に見出すという利点があります。また、ブランドが持つ価値観や理念、主義が見えるようになることでもあります。

ストーリーテリングによる伝え方の利点を活かし、企業が持つ“強み”を逸話として創造し、感情に訴えるように映像化したものが「ブランデッドムービー」です。

ストーリーテリングの中でも企業の強みを象徴する“実話”がシンボリックストーリーと呼ばれます。

私たちは企業のコミュニケーション解決策として「ブランデッドムービー」と「シンボリックストーリーの映像化」を私たちは提唱しています。

つまりストーリーブランディングは、お客様がブランドを理解するために欠かせないプロセスです。

ストーリーで伝える手法が今注目を浴びています。ブログや記事で取り上げられたり、ストーリーブランディングに関するビジネス書も続々出版されています。

多くの方がSNSでもやりとりしているメッセージも、「今、何をしている」「今、何を考えている」という自分の暮らしについての物語を語っています。

遥か太古の原始人も壁画に物語を記していました。しかし、なぜ今これほどまでに物語への注目が高まっているのでしょうか?

それは左脳優位の時代から右脳的要素(共感)が優位を占める時代への変化が始まっているからではないでしょうか?左脳が行えることは、機械やAIに取って代わられると言われているため、ビジネスの現場でますます価値を高めるのが右脳的要素なのです。

右脳的要素であるストーリーでビジネスに決定的なインパクトをもたらす動画によるソリューション(解決策)として、次のページで「ブランデッドムービー」をご提案いたします。

お問い合わせ(無料ご相談)フォーム

ブランデッドムービーの制作に関することならお気軽にご相談ください。