動画制作の見積もりの項目とチェックしたいポイント

 2021.01.06  株式会社ヒューマンセントリックス

CTA

最近ではYouTubeなど、動画配信サイトの流行もあり、動画を使ったマーケティング手法を取り入れる企業が増えてきました。映像コンテンツをブランディング戦略に組み込みたいと考えたとき、気になるのは動画制作にかかる費用でしょう。そこで今回は動画制作の費用相場や、見積書のチェックポイントなどについて解説します。

動画制作の見積もりの項目とチェックしたいポイント

動画制作会社の見積書の項目でチェックすべき点

動画制作会社に見積書を提出してもらっても、相場を理解していないと、その金額が「高いのか安いのか」を判断できません。動画制作における一連の流れは「企画→制作→編集」となります。この流れにおいて発生する、費用について見ていきましょう。

企画・構成にかかる費用

動画制作の「企画・構成」にかかる費用の相場は5〜30万円程度です。クライアントとの打ち合わせに基づいてコンテンツの意図や目的をまとめ、台本作成や絵コンテ、スケジュール管理など、制作の骨格となる企画を構成します。企画はコンテンツのクオリティを左右する最も重要な要素です。

動画・映像制作にかかる費用

「制作」にかかる費用は作るコンテンツの種類によって大幅に異なります。例えば、アニメーション動画の場合、かかる費用の大半はイラストの作成費で、費用は5〜50万円が相場と言われています。しかし、著名なイラストレーターに依頼すれば、その何倍もの価格になることもあるでしょう。

実写動画の制作費用についても、コンテンツによって大きく変動します。どんな動画を作るのかによって必要な人材や機材などが大幅に変わるためです。制作にかかる費用の一例を挙げると、制作会社のプロデューサーやディレクター費用として10〜100万円。カメラマンやスタイリストなどの人件費でおよそ5〜10万円。撮影に使うカメラやライトといった機材費に3〜15万円。スタジオ費用やロケ地への交通費などで10〜35万円程度必要です。

映像編集にかかる費用

「映像編集」はどれだけの工数を必要とするかで金額が決まります。長時間の動画になるほど編集時間を要するので、当然費用も高額になるでしょう。映像編集にかかる費用はYouTube動画の編集なら5,000円程度が底値とされ、高くても3万円程度が一般的な相場と言われています。

しかし、オリジナルの文字やイラストなど、高品質なグラフィック作成をすると価格は一気に跳ね上がり、50万円以上かかることもあります。

動画制作の見積もりを安くするコツ・ポイント

動画制作はちょっとしたポイントを押さえることで費用の削減につながります。費用を抑えつつ動画の品質は維持したいという方のために、見積もり金額を抑えるコツやポイントについて解説します。

参考動画や素材を事前に用意する

作りたいコンテンツの参考動画を事前に用意しておけば、企画費を抑えられる可能性があります。YouTubeのような動画配信サイトで理想的と思われる動画を用意しておけば、制作側にイメージが伝わります。そのため企画構成の時間が短縮され、費用削減へつながるのです。

また動画内で使用する写真やイラストなどの素材も、こちらが提供することでも費用を削減できます。台本や詳しい資料などを用意しておくなど、すべてを制作サイドに丸投げするのではなく、可能な限り事前に用意することでさまざまな費用を削減できるでしょう。

メッセージを絞る

再生時間が長いものほど、動画制作費は高額です。そこで、伝えるべきメッセージを絞ることで動画がコンパクトにまとまり、費用削減につながります。動画は長ければよいというものではなく、1メッセージは30秒以内が理想と言われています。不要な部分を削ぎ落とすことで、本当に伝えたい重要な部分だけが残るのです。

撮影が必要な箇所を削る

撮影箇所を削ることで費用削減につながります。例えば、動画の一部を削って、写真やナレーションなどで補完できないかを検討します。不要な部分を削れば、撮影・編集にかかる時間の短縮になるので、費用削減へつながるでしょう。しかし、時間を短縮することで動画の品質を下げてしまっては本末転倒です。コンテンツのクオリティを下げないよう配慮しなくてはなりません。

キャストにかかる費用を見直す

出演者はコンテンツの品質を左右する重要な要素です。しかし、有名なタレントを起用するとなれば、数百万円から数千万円という多額の出演料がかかってしまいます。また、著名なクリエイターを起用すればさらに費用は膨らむ一方です。そこで、出演するキャストをこちら側で調達できれば費用を大幅に抑えられます。本当にそのキャスティングでなければいけないのか見直してみましょう。

動画制作の見積もり書の注意ポイント

制作会社に見積書を提出してもらったら、注意すべきポイントがいくつかあります。そのポイントを見逃してしまうと、後々トラブルへと発展しかねません。必ず確認しておきたい見積書の注意点やポイントについて見ていきましょう。

ナレーションの有無

見積書に「ナレーション」項目が記載されていないケースもあるので注意しましょう。ナレーションのない動画は単調な印象になってしまいます。ナレーションはコンテンツの印象を左右する重要な要素なので必ず確認してください。

キャストの人数

動画に出演する「キャストの人数」が不明瞭な見積書は要注意です。制作会社側は動画に出演するキャスト一人ひとりに明確な出演料を設定しています。しかし、見積書には「キャスト費用一式」と一括にされていることが多々あります。キャスティングによって制作費用は大幅に異なるので必ず明記してもらいましょう。

キャストの契約期間

動画に出演するキャストには必ず契約期間が設定されています。契約期間を超えてしまったキャストが出演している動画広告は使用できません。たとえ契約書や見積書に明記されておらず、知らずに使用してしまったとしても、「使用権・著作権の侵害」に当たります。

ロケ地や交通費などの諸経費

必ずチェックしておきたいのが、「ロケ地への旅費や交通費」です。見積書に記載されておらず、別途請求されてトラブルになる場合があります。トラブルを未然に防ぐためにも、必ず制作会社に確認しておきたいポイントです。

まとめ

今回紹介した動画制作費用の相場や、見積書のチェックポイントなどは、あくまでも一例です。実際に必要となる費用は制作会社によって大きく異なります。YouTubeの市場拡大や、家庭の通信速度の上昇も相まって、動画を使ったマーケティングはこれからスタンダードなものになっていくと予測されます。ぜひ、今回の記事を参考にして動画コンテンツ制作に応用してください。

CTA

RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作全般

動画制作の勘所 -失敗しないための7つのポイントを解説-

動画制作全般

動画制作のコストを圧縮するための確認すべき事項をご紹介

動画制作全般

動画制作・映像制作の費用と料金相場

動画制作全般

動画制作時に考えたい成功のポイント

動画制作の見積もりの項目とチェックしたいポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事