動画制作のご依頼はリモートでも可能!そのメリットについて解説

 2020.09.11  株式会社ヒューマンセントリックス

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大により、世界のビジネスシーンはすっかり様変わりしてしまいました。従来、多くの企業が躊躇していたリモートワークはニューノーマルの代名詞になりつつあり、IBMが2020年4月に実施した調査によると労働者の54%は「このままフルタイムでリモートワークを続けたい」と考えています。

参考:ビジネネスインサイダージャパン『労働者の54%はパンデミックの後も「リモートワーク中心がいい」 ―― IBM最新調査』

そのような状況において、会社内のコミュニケーションだけでなく企業同士のビジネスにおいてもリモートが主流になりつつあります。弊社においても動画制作においてもリモート時代が到来していることを実感しています。そこで本稿では、動画制作をリモートで進めることのメリットについて解説します。

advantages-of-remort-video-production-1

動画制作をフルリモートで完結させることは可能か?

動画制作とは非常にクリエイティブな作業なので、ビジネス上で活用する動画を制作するにあたり、やはり対面でのコミュニケーションが必要になるのではないか?と思いがちかもしれません。結論から言えば、動画制作をフルリモートで完結させることは「可能」です。

その根拠となるのが、動画制作を行うにあたり、お客様が撮影現場に同行することは必ずしも必須ではないことが挙げられます。また、撮影をともなわないような動画制作においてはなおさらそうです。

制作する動画にもよりますが、被写体としてお客様ご自身の撮影が不要な場合、撮影現場へは映像制作スタッフのみで向かいロケハンや撮影を実施できます。その際には撮影先の人物とのやりとりも弊社であればご対応致します。もちろん撮影した映像内容の確認についてもデジタルファイルを通じてお客様との共有が可能なので、映像確認もリモートで行えます。

成功するブランデッドムービー制作のための 5つのポイント
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

お客様と映像制作会社のコミュニケーションに関してはWeb会議などを活用し円滑に行えますし、リアルタイムに近い感覚で映像制作へ一緒に取り組んでいくことができます。

ただし、対面でコミュニケーションを取りながら打ち合わせを進め、企画を固めていく方法と違って細かいニュアンスが伝わりにくい場合も考えられます。そのためリモートでの動画制作ではその点を十分に考慮しながら制作を進められる映像制作会社の選定がとても重要になるでしょう。

動画制作をリモートで行うメリット

動画制作をフルリモートで完結させることが可能であっても、問題は動画制作をリモートで行う意義があるのかどうか?です。それでは肝心のリモート動画制作のメリットを一緒に確認していきましょう。

メリット1. 新型コロナウイルスの感染リスクを低減できる

現在において、動画制作をリモートで行う最大のメリットはやはり、新型コロナウイルスの感染リスクを低減できることです。社内ではリモートワークを推進しつつも、実際のビジネスでは取引先と対面しなければならない状況では感染リスクを低減することはできません。社員の感染リスクを低減し健康を守るためにはやはりリモートでビジネスを推進する他ありません。また、1人でも感染者が出ればビジネスに与える影響も非常に大きく、予断を許さない状況です。

しかし、ビジネスはそれでも前へ進まなければいけません。その中でデジタルマーケティングや遠隔でのセールスを支援するツールとして動画が注目されており、リモートで動画制作にあたることで感染リスクを低減しながら新たなビジネスの創出に貢献できます。

メリット2. 打ち合わせ等にかかる移動時間を削減できる

新型コロナウイルスの感染リスクを低減すること以外にも、リモートでの動画制作には多くのメリットがあります。その一つが「移動時間の削減」です。動画制作を進めるにあたり、お客様と映像制作会社とで打ち合わせを進めたり撮影した映像を確認していただくために、何度か対面でのコミュニケーションを図る必要がありました。

その際は必要に応じてお客様社内や制作会社内、あるいは外部のカフェスペースなどで打ち合わせを行うのですが、それにかかる移動時間を削減できるのもリモートの大きなメリットです。

メリット3. コミュニケーションに多く時間を割けられる

動画制作を成功させるために何より大切なことは、お客様と映像制作会社で密なコミュニケーションを取りながら一体となってプロジェクトを推進することです。その点において、リモートはウェブ会議ツールやチャットツールを通じて気軽に何度もコミュニケーションが取れるため、重要なポイントにより多くの時間を割くことができ、より良い動画コンテンツの制作に貢献します。

メリット4. お客様が本業に集中できる環境を整えられる

映像制作会社に動画制作を依頼されるお客様には当然のことながら本業があります。動画制作では本業と並行しながらプロジェクトを進めていくことになるので、可能な限り動画制作にかかる負担を軽減するのがベストです。だからといって映像制作会社にプロジェクトを丸投げするのは得策ではありません。

この問題をリモートが解決してくれます。リモートでの動画制作では物理的な移動が極端に減ることから、お客様が本業に集中できる時間を大幅に増やすことが可能です。本業のパフォーマンスを維持したまま動画制作に当たれるため、生産性が向上するのです。

メリット5. 完全在宅でも問題なく動画制作に当たれる

社員のほとんどが完全在宅でのリモートワークを行なっている場合でもあっても、問題なく動画制作は可能です。映像制作会社もお客様が在宅にてリモートワークを行なっていることを考慮するため、ビジネスとプライベートの切り分けについて理解しながらプロジェクトを進めることができます。

リモート動画制作ならヒューマンセントリックスへ

弊社ヒューマンセントリックスは創業依頼、1,500社以上、30,000タイトル以上の動画制作実績によって法人向け動画に特化したノウハウと実績を豊富に備えている映像制作会社です。その利用シーンは営業現場を中心にセミナー活用、展示会・イベント、採用活動、教育研修、IR活用など幅広いシーンで弊社制作の動画をご活用いただいております。

弊社の強みは、動画の企画・撮影・制作・配信・納品に至るまでをワンストップサービスとしてご提案しており、なおかつクリエイターとの密なネットワークによってリモート動画制作においても非常にスムーズなプロジェクト推進をご提供可能なことです。長年の実績から証明されたノウハウと技術があるからこそ、リモートにおいても安心して動画制作を任せていただくことができます。リモート動画制作に興味がある場合は、ぜひヒューマンセントリックスまでご相談ください。

動画制作に関するお問い合わせ

New call-to-action
制作会社がこっそり教える良い映像制作会社の 選び方7つのポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「動画制作全般」の最新記事


動画制作のご依頼はリモートでも可能!そのメリットについて解説
制作会社がこっそり教える 良い映像制作会社の選び方7つのポイント

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み